30代後半からしわに悩まされるようになり使い始めているのがメラロングクリームです。

今やめて1週間ですが、やっとめくれなくなりました。
良い感じで来ています。

シワの色素沈着を薄くするために使っているのですが、予想外なことにホクロも薄くなってるのがわかります。

やはり海外の美容クリームは効果率が高い(なのに価格安い~)

メラロングクリームの詳細・購入について>>

 

シワの悩みにメラロングクリーム

若い頃に戻れるようなそんな薬があるのなら私は一生懸命にお金をためてかいますよ。だけど、そんなお薬はないので、今の現状で最低限できることを行っています。

私の年齢は現38歳です。

先ほど若い頃に戻りたいと話しましたが、あくまでも20代の話ですね。10代の学生の頃は、頬とおでこにたくさんの青春ニキビができていたので、あの頃には戻りたくはありません。

青春ニキビができちゃうと、お肌のコンプレックスになっちゃいます。血液がA型で、少し几帳面というのもあるのですが、ついつい周りの人の目が気になってしまい、お肌のことに対してもどうしても考え込んでしまいます。

というよりも、女性だったら、お肌や服装など外見を意識するのはけっしておかしくはないはずですよね?

それで、お肌のシミについてもかなり意識していましたから。外に出る時は、お化粧をすれば、ある程度はカバーできます。

ただ、30代前半にシミが目立つようになりました。年齢や子どもの出産などが大きく関係しているとは思います。

そのために、このようなシミに対しる知識については、ある程度は理解していました。

なので特別な日以外はメイクを最低限控えるようにしたり、スキンケア、UV対策もそれなりに気をつかっています。

メイクについては、20代から外出時にはポイントメイクだけとかだったので、本当に最近まで、このようなシミの悩みはそこまでありませんでした。

最近まで行っていたスキンケアはこちらです。

 

私のスキンケア

洗顔(夜だけ)

塗れた状態でオイル

馴染ませてからタオルでふく

ポーラ&オルビスのダイレクトホワイト

今まではシワが気になる部分にメラノCCを使っていました。

ただ、先程もお話したように、年齢や子どもの出産をさかいにシミが目立つようになっていました。

そして致命的だったのが鏡でシワを発見したことです。
先日、新しい拡大鏡付きミラーを購入したのですが、昼間に自分の顔のお肌を良く見たところ、鼻や頬に、シミ(そばかす?)が小さくて薄く、写っているのを確認。

どこか心のなかで「シミはまだまだ大丈夫」と思っていたのがあったのかもしれません。

そうなってくると、やはりこのままの生活スタイルやメイキしていると、日に日に悪化していくのがわかります。

「もう30代後半」とは思いたくない。
「まだ30代後半」と思いたいです。
心の底から思い、楽しい人生を歩むためには、シミを予防するとともに、薄くしなくちゃいけない。

思い切って美容外科クリニックに足を運ぼうかとも考えましたが、子供のことを考えると、できませんから。

今は経済的なことを考えると、高いお金を出してクリニックや化粧品を出すことは難しいです。

そこでインターネットの通販で見つけたのが、メラロングクリームです。

メラロングクリームの詳細・購入について>>

 

今までの化粧品とは違うクリーム

今までの私が、化粧品を購入する理由としては、雑誌などに記載されている情報を見て「これいいかも?」と、なんとなく思ってドラックストアーや専門店で購入していました。

でも、インターネットサーフィンをしている時に、たまたま私と同じようなシミの悩みを抱えている人がブログを開いていて、その中でメラロングクリームや成分トレチノインを使い、シミが薄くなったということを記載していたんですね。

やはりブログやコメントなど、実際に利用した人たちの声を聞くのはかなり重要かと思いました。

なんといいますか、テレビや雑誌で記載されている情報は、結局は商品を開発したり、販売している側なので、どれだけ私たちお客さんに買ってもらうかが仕事。

だけども、商品を購入した人たちのブログを見ると、リアリティが合って、それが本当に効き目があるのかの判断材料煮ると私は思います。

そこで見つけたのがメラロングクリームです。


メラロングクリームは商品名であり、有効成分にメキノール2%とトレチノイン0.01%が含まれています。

メキノールの効果

お肌はとてもデリケートな器官なので、シミやニキビ跡や肌荒れ、すり傷など、色素沈着が起こります。

というか色素沈着とは?
シミのもとであるメラニン色素を作り出すメラノサイトが、肌内部に長期間にわたり留まることで色素沈着が起こります。

ここでメキノールを使うことで、メラノサイトを体外に排出してくれるために、色素沈着の改善効果が期待できます。

トレチノインの効果

トレチノインはビタミンA誘導体の約100~300倍の生理活性があります。

トレチノインには細胞分化を促す作用があります。
そのために、強力なターンオーバーがありまして、つまりはお肌の新陳代謝の作用が活発になり、メラニン色素を外へ排出してくれます。

 

そして初めて知ったのが、美容クリニックや病院で処方されている外用薬(クリーム)がインターネットで通販で購入できることです。

お肌のシミの風合いによって、もしかしたら有効成分メキノールやトレチノインの容量が変わるのかもしれません。

ただ、最初の方にも説明をしているように、私は美容クリニックで多額のお金を払ってお肌を維持させるほどの余裕ありませんから。

一度の通院でシミが薄くなるのなら、お世話になるのかもしれません。

毎月のように美容クリニックや病院に通院をしていると、薬代だけでなく、検査代金や移動代金などもお金がかかってしまいます。

そこでメラロングクリームを通販で購入することにしました。

メラロングクリームの詳細・購入について>>

 

メラロングクリームを通販で購入する理由

しかし、現在のところメキノールやトレチノイン(少量は可能)はシワ取りのクリームとして、国内では許可が降りていません。

つまり、病院の皮膚科では処方箋としては適用がされていないということです。

ではなぜ、美容クリニックやインターネットの通販で購入できるかというと、海外で製造している会社から輸入しているからです。

メキノールやトレチノンインは、アメリカのFDA(食品医薬品局)では許可され、病院やドラックストアーで一般の人たちが購入することができます。

そのために、製造会社から日本に輸入するという形を取るわけです。

「日本で許可されていない医薬品、外用薬を輸入したり、使って良いのか?」

厚生労働省は、輸入して使う部分においては許可しています。ただし、許可した医薬品や外用薬を販売することは禁止しています。

そのためにメラロングクリームを購入する場合は、個人輸入代行を利用します。

「個人輸入代行?」

つまり、個人が海外のメラロングクリームを製造している会社に連絡をして、注文をするのはかなり困難だと思います。

そのために、専門の輸入代行に依頼して、メラロングクリームの製造会社に注文をします。

そうすることで、自宅まで郵送で届けてくれます。

「なんだか話がごちゃごちゃして、面倒くさそう・・・」
簡単に言えば、アマゾンのような通販サイトになります。

通販で購入する

サイト内で欲しい商品を探す
※メラロングクリーム以外に10000種類以上の医薬品が販売されているサイトも有る

価格と数量をチェックして注文

クレジットカード、銀行振込で注文

外注、手続き、送料は無料

1~2週間で自宅に届く
※郵便局から手渡しで届けられます。

インターネットの中には医薬品や美容関連を扱っている個人輸入代行サイトが何種類かあります。

その中で、私が利用したのがオオサカ堂です。
こちらは、価格が安いのがポイントなんですが、もう一つが運営歴が長いことです。

約20年も前から続いているということは、それだけ信用性があるということがわかります。

国内で製造されているのではなく、海外で製造されている内服薬や外用薬については、どうしても疑ってしまいます。なおかつ、パソコンやスマフォで購入するわけですから、不安があります。

そんな中で、長期間にわたり個人輸入代行会社が続けられるのは、本物の商品を届けているからだと推測。
※逆に偽物だったら大問題。。。

・価格の安さ
・運営歴が長い

あと最後に、メラロングクリームを購入しようか?やめようか?迷っている人は、コメントを見てもいいかと思います。

実際に購入してから、使ってみて、良いところや悪いところなどのコメントも残っています。結構ためになることがかかれたりするので、迷っている人がいたら、チェックしてみるのもいいかと思います。

それでは。

 

メラロングクリームを使ってみました。

まだ納得はできていませんが、途中経過をお伝えできればと思い、追加送信をしました。

初心者な私だったので、メラロングクリームをシワの部分だけに塗っていました。

すると、4~日目には目の周りと頬がパンパンに赤く腫れました。
なんじゃこれは?痒みもすごかったです。

副作用か?
色々と調べてみると、私と同じように体験している人いる模様。

でも、このパンパンとかゆみは、トレチノインの効果だと思われます。

つまり、トレチノンの効果でターンオーバーが普段よりも数倍速くなることで、皮膚が腫れたり、かゆみなどの副作用起こっていると思われます。

そのために、今までにはない隠れシミらしき物体も確認しましたから。

メラロングクリームを塗る時は、できるだけシミの部分だけに薄く伸ばすことが重要。それから、あまりひどい日は塗るのを中止するのも一つの選択肢です。

結果としては2週間は赤く腫れてすごくてかゆかったです。でも「お金出して買ったので」という、変なプライドが先行して、同じやり方を続けていたら、皮が剥がれているのを確認。

「これはいけるかも?」
少し調子に乗ってきた私。
さらに有効成分について調べると、もう少し成分を強めにすると、もっと効果が高まるかも?

調子に乗りました。
メラロングクリームの有効成分は、
メキノール 2%
トレチノイン 0.01%

このパターンでも良いとは思いますが、もう一段上を目指すとハイドロキノン2%orハイドロキノン4パーセンを加えると、よりよい効き目で「速く、効果が高い」と言う情報を聞きました。

昔の私なら、すぐに「カートに入れる」をクリックすると思いますが、お金のことを考えると、グット我慢して、、、
とりあえずは、トレチノインをあと2~3週間ほど試して、1ヶ月ほど使わず状態を見てから様子を見たいと思います。

では、では、

メラロングクリームの詳細・購入について>>
ハイドロキノン詳細・購入について>>>